医会について
婦人科検診
婦人健康診査
ART妊娠に関わる文書取り扱いマニュアル
おぎゃー献金愛のコンサート
神奈川県若手産婦人科医の会 勉強会

アクセス
<所在地>
〒231-0037
横浜市中区富士見町3-1
神奈川県総合医療会館4階

<連絡先>
TEL:(045)242-4867
FAX:(045)261-3830

>医会プライバシーポリシーはこちら

  この度は神奈川県産科婦人科医会のホームページにお越し頂きありがとうございます。

神奈川県産科婦人科医会は、産婦人科医療の充実と発展を図るとともに関連する諸問題の

解決に努め、よって社会福祉の増進に寄与するために活動しています。


「風疹ゼロ」プロジェクト

2月4日は“風疹の日”-『“風疹ゼロ”プロジェクト』-を進めましょう。

1.風疹にご注意!わが国では風疹流行のリスクはいまだに消えていません!

2.妊娠20週頃まで(主に妊娠初期)に風疹ウイルスに感染すると胎児が先天性風疹症候群になるおそれが生じます。

3.30~50代の男性は風疹に対する免疫のない方が多く、風疹流行の要因となっています。

4.海外流行地への渡航は風疹ウイルスに感染するリスクを上げます。渡航の際は万全の風疹予防対策、また帰国後は風疹発症リスクに対する適切な対応策をとってください。

-2017年2月“風疹ゼロ”プロジェクト-

《熊本地震により被災された妊婦さんの
健康診査(妊婦健診)の取り扱いについて》

熊本地震により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
今般の震災に係る妊婦健康診査の取り扱いは下記の通りになります(厚労省雇用均等・児童家庭局母子保健課)。

①健康診査の受診券を持っている場合、通常は医療機関と契約又は償還払い等の対応となります。

②受診券を持っていない場合は、避難先自治体の健康診査として、受診券を交付していただくよう、避難先自治体に対し特段のご配慮をお願いしているので、妊婦さんに対し、避難先自治体の母子保健担当窓口に相談するようご案内ください。